history

青木日記 RSS

<前の日 | この月 | 次の日>

2008-06-29

Ruby会議2008におけるリファレンスマニュアル刷新計画セッションについて

Ruby会議2008のリファレンスマニュアル枠について、 去年と同じ話題じゃん (だからいらない) という意見をもらった。 具体的に誰が言ってんだか知らないが、 企画側と観客側の両方から出ていることはわかっている。

そういう意見に対する俺の答えは以下のとおり。

一昨年からずっと同じプロジェクトやってんだからあたりまえだろ。 あれはプロジェクトステータスの報告なんだから、 タイトルも同じにしてんだよ。

まあ、観客の立場ならそういう意見が出てくるのはある意味しょうがない。 ちょっと Ruby に興味があるだけで、 日本 Ruby の会で積極的に活動しようなんて全然思ってない人もたくさんいるだろうし。 リファレンスマニュアルはブツだけあればいいという人もいるだろう…… っていうか、ほとんどそうかもしれないな。

でも、なんでそれと同じ意見が企画側から出てくんだよ。 そもそもリファレンスマニュアル刷新計画は 日本 Ruby の会としてとりくんでるプロジェクトだろうが。 俺はそうだと思ってたから http://doc.loveruby.net/wiki/HowToJoin.html にも 「なお、リファレンスマニュアル刷新計画は 日本Rubyの会の活動の一貫として実施されています」 と書いてあるわけんだけど (あ、typoが……)。

な、の、に、自組織の活動の一環である プロジェクトのためにたかだか20分を割けないって何なのさ。 あのセッションは青木峰郎のセッションではなく リファレンスマニュアル刷新計画のセッションだってわかってないの?

観客から文句を言われるならともかく、 Ruby の会にまで嫌がられるとは思ってなかったよ。 本気で萎えた。デスマ明けに徹夜してまでプレゼンした俺がバカだった。 そんなに嫌がられてまでプレゼンやる気もないし、 リファレンスマニュアルの発表はもう二度とやらない。

(20:31)

鬱だ氏のう

ああ……なんか書いてるほうが鬱になってきた。 心臓痛い。原稿でも書こう

(21:32)

追記

いやいややはりこういう感情的な書きかたはよくなかった。 論理的に要点だけまとめることにしたい。

ようするに、まがりなりにも「日本 Ruby の会として」 プロジェクトをやってるんなら 20 分くらい喋らせてくれと。 そのていどもできないなら最初から放置してくれということだ。

まあ、そういうことは開催前に言うべきだし、 最終的には 20 分出してくれてるわけだから、 全然配慮してくれてないとは思ってない。 ただ、このまま黙ってんのもなんか腹が立つんで一言言っておきたかった。

(02:46)

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
ごとけん (2008-06-30 13:38)

後だしじゃんけんみたいで恐縮なんですが、すくなくとも聴衆側の僕は結構おもしろく思いましたよ。みなさんの努力で着実に進行してることには感動したし、余談的な ReVIEW は興味深かったし。そもそもるりま自体しばしば非常にお世話になってます。ありがとうございます。企画側うんぬんはよく分かりませんが、きっと誤解かどなたかの個人的な感想なのではないかというのが僕の推測です。

ホストクラブ (2008-10-14 01:53)

量モ側ヒn、ケ、」

名前
メールアドレス

<前の日 | この月 | 次の日>
2002|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|04|05|06|09|10|
2009|07|
2010|09|

Copyright (c) 2002-2007 青木峰郎 / Minero Aoki. All rights reserved. LIRS