history

青木日記 RSS

<前月 | 最新 | 次月>

2008-06-23

Ruby会議2008

週末はRuby会議2008。 スタッフの人が「まさかLTの途中に来るやつなんていねえよな〜」 と油断している隙を狙って到着してやりました。KY。

んで、わたしの発表は凝りずに 「日本Rubyのリファレンスマニュアル2008・初夏」です。 リファレンスマニュアルも 1 年でずいぶん進みました。 資料とか↓

http://i.loveruby.net/rubykaigi2008/

今年もよいRuby会議でした。 みなさま本当にお疲れさまでした。

あーRubyのコードが書きてぇ〜

(02:02)

「ふつう」3点セット

Ruby会議のゴルフで「ふつう賞」なる賞があったらしい。 その賞品が「ふつう」3点セット。 内訳は、 『ふつうのLinuxプログラミング』 『ふつうのHaskellプログラミング』 『ふつうのコンパイラ』(出版されしだい送付)

ちょ……待っ

(02:45)

書籍執筆支援システムReVIEW

ReVIEW の反応が意外とあったので tar.gz にかためてみた。

自分が使うことしか考えてなかったのでドキュメントはない。 ReVIEW フォーマットの説明だけは以前必要にかられたので書いてある。 doc/format.txt を参照。

使いかたをチョー簡単に書く。

◆インストール

Ruby 1.8 があればオケ。 ちょっと古い 1.9 (M17N 導入のしばらくあと) でも動いてた。今は知らん。 setup.rb でインストールしてもよいけど、 tar.gz を展開してそのまま bin にパスを通せば使えるのでそっちがおすすめ。

◆使いかた / 最初にすること

まずディレクトリを作って章ごとにテキストファイルを作る。 拡張子は「.re」。 でもって CHAPS というファイルを作り、その中には章の順にファイル名を書く。 例えば 1 章が intro.re で 2 章が lexer.re、3 章が parser.re なら、 CHAPS ファイルは次のようにする。

intro.re
lexer.re
parser.re

また、章を「部」に分けるときは空行を入れる。 例えば以下は「ふつりな」の CHAPS。

intro.re
 
abstract1.re
abstract2.re
abstract3.re
 
stream_sys.re
stream_stdio.re
practice1.re
practice2.re
 
hier.re
fs.re
 
memory.re
process.re
signal.re
etc.re
 
network.re
httpd.re
httpd2.re
 
advanced.re

また preface.re, postscript.re, appendix.re というファイルを作ると、 それぞれ前書き・後書き・付録と自動認識されて、なんとなくそれっぽく処理される (CHAPS に入れてはいけない)。

あと、原稿は EUC-JP でしか書いたことがない。 Shift JIS だったりすると何か起こるかも。

◆使いかた / 目次出力

review-vol コマンドは章目次と章ごとの分量を表示する。 引数なしで review-vol と打てばよい。その他の使いかたは --help 参照。 「review-vol」は名前が長いので、ローカルでは「list」に alias している。

review-index コマンドは詳細な目次と、章・節・項ごとの推測行数を表示する。 デフォルトの組版メトリックは A5 (ふつうシリーズの大きさ)。 ちなみに A5 だと 1 ページ ≒ 1KB で近似できる。 B5 変形なら 1 ページ ≒ 2KB。 当然ながら、節の分量はあんまりバラつかないほうがよい。 本の分量と内容にもよるが、 ふつうシリーズでは 1 節を 200 行前後にまとめることを目標にしている。 コマンドの詳細は --help オプションを参照のこと。 あと、「review-index」も名前が長いので 「ind」を alias にしている。

◆使いかた / フォーマット変換

review-compile コマンドはフォーマットを変換する。 review-compile --html で HTML を生成、 review-compile --latex で LaTeX を生成、 という感じ。 ln -s review-compile review2html してもよい。 あとは review-compile --help を見よ

◆使いかた / プリプロセッサ

review-preproc コマンドはプリプロセスをかける。 プリプロセスの主な目的はソースコード引用を更新すること。

他人に話すときはフォーマット変換のほうが目立つので そっちを話すが、ReVIEW を最初に作った動機はソースコード引用を自動化することであった。 プログラミング関連書籍における執筆支援システムの役割は、 ソースコード引用に始まりソースコード引用に終わると言うとやや過言である。

◆使いかた / その他

あと、「記述・参照関係のチェック」 (もうこの専門用語は説明したかどうか、みたいなことをチェックする機能) とか「NG ワードのチェック」とかあるんだけど、 説明が面倒なのと、もしかすると今動かないかもしれないので説明しない。 まあ NG ワードなんて grep すりゃ済むから、専用コマンドなんていらんか。

◆ライセンスとか

LGPL。例によって無保証。 あと、いまバグレポートとか機能追加要望とかもらっても絶対に反応できません。 ふつぱいらが書き終わったら反応するかも。

(03:04)

iPhone

そういえば iPhone は買うね。これは買うよ。 たとえ月額 8000 円近くても買うよ。 永らく au だったけどついに SBM に乗り換えか……。

(03:40)

本日のツッコミ (全4件) [ツッコミを入れる]

arikui [http://i.loveruby.net/archive/review-20080624.tar.gz
-> http://i.loveruby.net/archive/review/review-20080624.tar.gz
のようです。]

yhara [面白そうなのでReVIEWをダウンロードしてみたのですが、tarballのURLが違うようです。
x http://i.loveruby.net/archive/review-20080624.tar.gz
o http://i.loveruby.net/archive/review/review-20080624.tar.gz

あとreview-listが(tarballにもリポジトリにも)入ってなくないですか…?]

青木 [うあ、すみません。直しました。
review-list は review-vol の間違いです。]

yhara [おお、なるほど>vol。ありがとうございます。]


2008-06-29

Ruby会議2008におけるリファレンスマニュアル刷新計画セッションについて

Ruby会議2008のリファレンスマニュアル枠について、 去年と同じ話題じゃん (だからいらない) という意見をもらった。 具体的に誰が言ってんだか知らないが、 企画側と観客側の両方から出ていることはわかっている。

そういう意見に対する俺の答えは以下のとおり。

一昨年からずっと同じプロジェクトやってんだからあたりまえだろ。 あれはプロジェクトステータスの報告なんだから、 タイトルも同じにしてんだよ。

まあ、観客の立場ならそういう意見が出てくるのはある意味しょうがない。 ちょっと Ruby に興味があるだけで、 日本 Ruby の会で積極的に活動しようなんて全然思ってない人もたくさんいるだろうし。 リファレンスマニュアルはブツだけあればいいという人もいるだろう…… っていうか、ほとんどそうかもしれないな。

でも、なんでそれと同じ意見が企画側から出てくんだよ。 そもそもリファレンスマニュアル刷新計画は 日本 Ruby の会としてとりくんでるプロジェクトだろうが。 俺はそうだと思ってたから http://doc.loveruby.net/wiki/HowToJoin.html にも 「なお、リファレンスマニュアル刷新計画は 日本Rubyの会の活動の一貫として実施されています」 と書いてあるわけんだけど (あ、typoが……)。

な、の、に、自組織の活動の一環である プロジェクトのためにたかだか20分を割けないって何なのさ。 あのセッションは青木峰郎のセッションではなく リファレンスマニュアル刷新計画のセッションだってわかってないの?

観客から文句を言われるならともかく、 Ruby の会にまで嫌がられるとは思ってなかったよ。 本気で萎えた。デスマ明けに徹夜してまでプレゼンした俺がバカだった。 そんなに嫌がられてまでプレゼンやる気もないし、 リファレンスマニュアルの発表はもう二度とやらない。

(20:31)

鬱だ氏のう

ああ……なんか書いてるほうが鬱になってきた。 心臓痛い。原稿でも書こう

(21:32)

追記

いやいややはりこういう感情的な書きかたはよくなかった。 論理的に要点だけまとめることにしたい。

ようするに、まがりなりにも「日本 Ruby の会として」 プロジェクトをやってるんなら 20 分くらい喋らせてくれと。 そのていどもできないなら最初から放置してくれということだ。

まあ、そういうことは開催前に言うべきだし、 最終的には 20 分出してくれてるわけだから、 全然配慮してくれてないとは思ってない。 ただ、このまま黙ってんのもなんか腹が立つんで一言言っておきたかった。

(02:46)

本日のツッコミ (全2件) [ツッコミを入れる]

ごとけん [後だしじゃんけんみたいで恐縮なんですが、すくなくとも聴衆側の僕は結構おもしろく思いましたよ。みなさんの努力で着実に進行してることには感動したし、余談的な ReVIEW は興味深かったし。そもそもるりま自体しばしば非常にお世話になってます。ありがとうございます。企画側うんぬんはよく分かりませんが、きっと誤解かどなたかの個人的な感想なのではないかというのが僕の推測です。]

ホストクラブ [量モ側ヒn、ケ、」]


2008-06-30

Ruby会議2008リファレンス枠についてさらに追記とお詫び

笹田さんとメールで連絡した結果、 少なくともRuby会議の実行委員会でるりま枠をなくせとか、 そういう意見はなかった、ということがわかりました。 また冷静に考えてみるとわたしが聞いたのは 「〜〜という話を聞いた」程度のあやふやな情報にすぎず、 それだけを根拠に他人を非難したことは軽率に過ぎました。 深く反省しています。

時間枠についても、追記で書いたとおり、 最終的にはちゃんと 20 分もらえているわけですから、 感謝こそすれ非難する筋合いではありませんでした。 時間帯もだいぶいい枠を回してもらえたということで、 むしろ優遇してもらったと考えるべきかもしれません。

よいカンファレンスを作るために様々な場面で尽力してくださった Ruby会議運営スタッフの方々にいわれのない非難を浴びせてしまったことに対し、 深くお詫びいたします。本当に申し訳ありませんでした。

(01:42)

ツッコミ動いてんのか

もしかしてこの日記、ツッコミが動いてない (ことがある)? SPAM フィルタかなんかに蹴られてるのかな。

(01:48)

本日のツッコミ (全4件) [ツッコミを入れる]

通りすがり [疲れてる時って、やたら攻撃的になっちゃう瞬間ありますよねw]

maru [僕が青木さんだったとして、うわさ程度の情報だとしても、憤慨してると思いますよ。
なんて言うか、あり得ないような情報ですもんね。
Rubyに人一倍愛情を持っているからこその、憤りを感じる感情は人間として大事なものだと思います。
誰も青木さんを悪く思う人はいませんよっ。そんなに謝ることでもないと僕は思います。]

sat [話題がそれますけど、私は発表を聞いて、こういう風に頑張ってくれている人がいるってことを再認識できて良かったと思います。
色々大変なこともあると思いますが、これからも頑張って下さい。]

hiroshi [普通の本書いてるのですか?涼しくなった=:=峰郎の屋根に雪降り積む=:=季節へ続く。]


<前月 | 最新 | 次月>
2002|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|04|05|06|09|10|
2009|07|
2010|09|

Copyright (c) 2002-2007 青木峰郎 / Minero Aoki. All rights reserved. LIRS