% fgrep -i 'svn' */*.td2
2008-02-02: SVKとブランチは混ぜるな危険                |  さいきん訳あって SVK を派手に使っているのだけども、 SVK (2.0.2 だったかな) はブランチが絡むとバグバ
2007-12-24: ふつぱいら                          |  今何をしているかと問われれば、 ふつぱいらの原稿を書いてしますとしか答えようがないわけです。 クリスマスだけど。 あー
2007-07-01: svn 以下を除いてリスト (1)              |  何回やっても .svn 以下を除いてリストする コマンドが覚えられないのでメモっとく。 tukumo:/usr/loc
2007-07-01: ..svn 以下を除いてリスト (2)            |  ちなみに、どうしても思い出せないときは Ruby に逃げる。 tukumo:/usr/local/lib/bitclu
2007-07-01: ..svn 以下を除いてリスト (3)            |  表示順序が違うなあ。 find(1) はソートしないけど Ruby の Find はソートするという違いか。 (17:
2007-05-06: ruby のビルドが通らない (1)             |  うう、今度はビルドすら通らねえ。 しかも通らないのは Mac OS X だけで、Linux だと通る。 なぜか ope
2007-05-06: ci.ruby-lang.org の反応が変         |  コミットすると svn ci がかたまる。 しかしコミットはされている。 笹田さんが ruby-dev に書いてたのは
2007-04-21: サーバを etch にアップデート (3)          |  kept back が出なくなるまで何度か aptitude dist-upgrade を実行して、 なんとか正常な状
2007-03-29: マルチバイト対応 Subversion 用コミットメールスクリプト |  Subversion のコミットメール (のログ) が化けるよー! ということで、いったい何人が書きなおしてるのかわか
2007-02-24: 松江合宿 (8)                       |  ファイバ入れよう説。 ここで言うファイバとはノンプリエンプティブなユーザレベルスレッドのこと。 別名「しょぼいスレッド
2007-01-06: svnsync                        |  cvsup の Subversion 版が欲しいなあと思ってたんだけど、 svnsync というのがそれか。でも 1.
2007-01-06: svnsync (2)                    |  svn 1.4.2 を /usr/local/pkg/subversion-1.4.2 以下に入れようと 試みたが、想
2006-12-26: CVS → Subversion               |  実はちょっと前から Subversion に乗り換えてたりする。 ついに世の趨勢に負けました。 TMail とか Ra
2006-12-06: るりマ! / 作業方法                    |  現段階の作業方法をなんとなくお伝えする。 とりあえず svn up ~/c/rubydoc/refm/api % sv
2006-11-14: さぶん                            |  「svn」が「差分」に見えてしかたがない。 svn diff の時とか、ちょっと困る。 (21:00) 
2006-08-31: めんどくさいから次から数字だけにしよう (11)       |  俺、がんばって Subversion の Ruby インターフェイス入れてたけどさ、 よくよく考えると、 今回の設計じ
2006-08-31: Subversion 発 libapr0 行き        |  ああそうか、問題がわかった。 apache2-dev (= apache2-threaded-dev) が libap
2006-08-30: svn or svn+ssh                 |  公開するときのプロトコルを svn にするか svn+ssh にするかで悩む。 まあ、svn+ssh のが安全は安全だ
2006-08-29: svnserve: authz でハマる           |  レポジトリに trunk/ を作るのを忘れてた。 どうせ rev 1 だし、レポジトリを全部作り直してしまおうと思いた
2006-08-27: Ruby リファレンスマニュアル整備計画           |  いつまでたっても Ruby のリファレンスマニュアル整備計画が進展しない件を 高橋さん・西山さんと相談した結果、気合い
2006-08-27: Subversion 1.3.2 のインストール       |  とりあえず Subversion をインストールしよう。 tukumo:~/src/subversion-1.3.2/
2006-08-27: Subversion / Ruby インターフェイス     |  swig かあ……。Ruby 1.9 対応してんのかなあ。 /home/aamine/src/subversion-1
2006-08-27: Subversion サーバ                 |  Debian パッケージが一致せず apache2-threaded-dev がインストールできないので、 WebDA
2006-01-01: cvs/svn/svk 自動切り替え             |  やっぱり面倒だ。 こないだ日記に書いた cvs/svn/svk 自動切り替えコマンドを書いてみた。 cvsc とか c
2005-12-31: cvs, svn, svk                  |  CVS と Subversion と svk が混じってるとどれを打てばいいのやら混乱してくる。 CVS/ とか .s
2005-12-14: YARV / Tru64UNIX 5.1B          |  こう寒いと暖房なしじゃ生活できないよね。 具体的には AlphaServer とか。 というわけで YARV を Tr
2005-06-30: これだから libtool は……              |  /d/src/subversion-1.2.0 % sudo make install prefix=/usr/pkg
2004-05-12: Subversionが嫌い                  |  Subversion を信用できない理由はただ一つで、 Berkeley DB を使ってるからです。 別に RCS じ

% fgrep -i '' */*.td2